北摂いきものブログ

北摂地域(大阪府北部、兵庫県南東部)を中心に、自然で出会った仲間たちのブログです

ツマグロヒョウモン

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ツマグロヒョウモン  【Argyreus hyperbius

 

サイズ : 35mm ~ 45mm
分 布 : 本州 ・ 四国 ・ 九州 ・ 沖縄県
時 期 : 4月 ~ 12月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

里山から都市部にかけて比較的よく見られるツマグロヒョウモン

豹柄のヒョウモンチョウの中でも最もよく見られる子です。

元々南方系の蝶で、だんだんと生息地域を広げてきました。

三色スミレ(パンジー)が食草のため、校庭や大きめの公園でも

見ることができます。

 

 

f:id:D-JASPER:20210924232415j:plain

 2021年 9月 (兵庫県宝塚市

田んぼの周囲に造られた花壇の花に来ていた子。

ボロボロの翅が逞しく生きてきた証です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210924232407j:plain

 2021年 9月 (兵庫県宝塚市

上の写真と同じ子。

ストローを延ばして、花の蜜を吸い始めました。

タテハチョウ科では毎度おなじみの4本脚です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210924232402j:plain

 2020年 8月 (兵庫県川西市

雑草にとまった女の子。

エキゾチックな翅模様は、有毒種のガバマダラに擬態していると言われています。

もっとも、ガバマダラはもっと南方系の蝶で、

奄美大島以南の島々でしか見ることができない為、

北摂地域ではあまり擬態の意味がありません。

 

 

f:id:D-JASPER:20210924232356j:plain 2020年 8月 (兵庫県川西市

上の写真と同じ子。

膝より下の場所によくとまる子でした。

 

 

f:id:D-JASPER:20210924232343j:plain

2011年 12月 (兵庫県川西市
12月の比較的暖かい日の公園で見かけた子。

とてもきれいな翅をした個体でした。

 

 

f:id:D-JASPER:20210924232423j:plain

2011年 12月 (兵庫県川西市
とても翅がきれいで驚きました。

オオフタモンウバタマコメツキ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

オオフタモンウバタマコメツキ 【Cryptalaus larvatus

 

サイズ : 25mm ~ 35mm
分 布 : 本州 ・ 四国 ・ 九州 ・ 沖縄県
時 期 : 6月 ~ 9月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

盛夏から初秋にかけて見られるオオフタモンウバタマコメツキ。

国内のコメツキムシの中でもトップクラスの大きさです。

名前の長さもトップクラスです。

 

漢字で表記すると「大双紋姥玉米搗」。

名前の通り、背中にある大きな黒い紋が、この子の特徴です。

私の友人のお医者さんは、この子の写真を見て、

「腎臓が黒いなぁ・・・」と言ってました。

私にはまったく意味が分からなかったのですが、

人間の場合、腰の左右に腎臓が位置しており、

彼には、黒い模様が場所的に腎臓に見えたようです。

(昔から変わったヤツでした。笑)

 

北摂では、盛夏を過ぎた頃に見かけることが多いと思います。

決して美しい子ではありませんが、存在感がありかっこいい子です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918234918j:plain

 2021年 9月 (兵庫県宝塚市

倒木の上にいた子。

体色と倒木の色が一緒で、見つけた時はうれしかったです。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918234935j:plain

 2021年 8月 (兵庫県猪名川町

どこからか飛んで来て、目の前の葉にとまりました。

後にも先にも、葉の上にいる子は初めて見ました。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918234951j:plain

2011年 8月(兵庫県猪名川町

針葉樹の伐採木にいた子。

黒紋がくっきりとしており、存在感がありました。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918235007j:plain

 2011年 8月 (兵庫県猪名川町

上の写真と同じ子。

真横からお顔を撮ってみました。

よく見ると、ユニークなお顔をしています。

ヒメアカネ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ヒメアカネ  【Sympetrum parvulum

 

サイズ : 28mm ~ 40mm
分 布 : 北海道 ・本州 ・ 四国 ・ 九州
時 期 : 7月 ~ 12月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

数ある赤とんぼの仲間(アカネ属)で、最も小さなヒメアカネ。

昆虫で名前に「ヒメ」が付くと、「小型」を意味します。

ホントに小型で細く、とても華奢な感じ子です。

しかし、盛夏の頃から出始め、12月初旬まで見ることができます。

他の赤とんぼ同様、気温変化にはとても強いですね。

 

未熟な個体や女の子は、黄色に近い色で、

成熟した男の子は、美しい赤色になります。

アキアカネ等と違ってあまり飛翔せず、移動範囲も狭く、

林の低い草にとまっていることが多いです。

決して数多くはありませんが、毎年必ず出会える子です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210913234810j:plain

2021年 9月 (兵庫県宝塚市

雑木林の中にある水辺周辺にいた女の子。

 

 

f:id:D-JASPER:20210913234843j:plain

 2021年 9月 (兵庫県猪名川町

成熟し、赤とんぼらしい濃い赤色になった男の子。

 

 

f:id:D-JASPER:20210913234836j:plain

 2021年 9月 (兵庫県猪名川町

上の写真と同じ子。

顔は成熟すると真っ白になっていきます。

 

 

f:id:D-JASPER:20210913234828j:plain

 2021年 9月 (兵庫県猪名川町

上の写真と同じ子。

飛び立つ直前。翅をものすごいスピードではばたかせます。

 

 

f:id:D-JASPER:20210913234822j:plain

 2020年 9月 (兵庫県宝塚市

昨年撮影した子。

身体を立てて、太陽のパワーを全身で受け止めています。

赤とんぼの仲間がよく行うポーズです。

 

 

f:id:D-JASPER:20210913234817j:plain

2020年 9月 (兵庫県宝塚市

夏の終わりを告げる赤とんぼ。

9月は感傷的になりやすい季節です。

もうすぐ秋も本番ですね。

 

 

f:id:D-JASPER:20210914010013j:plain

2010年 10月 (兵庫県猪名川町

なかよし!

アシグロツユムシ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
アシグロツユムシ  【Phaneroptera nigroantennata 

サイズ : 30mm ~ 38mm
分 布 : 北海道 ・ 本州 ・ 四国 ・ 九州
時 期 : 8月 ~ 11月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

 

 

更新が2週間程空いてしまいました。

8月の天候不順に加え、仕事も新たなプロジェクトチームに放り込まれ、

仕事終わってからPCに向かう気力もなく、、、、。

やっぱり年齢のせいなんでしょうか。

まぁ、プロジェクトも11月末までなので、ボチボチやっていきます。

 

久しぶりにフィールドに出ると、知らぬ間に夏が終わって、

里山のメンバーも大幅に変わってしまいました。

 

緑色の身体で長い脚に黒いソックスをはいたアシグロツユムシ

とってもお洒落な子ですが、草むらにいるとあまり目立ちません。

でも、幼虫からよく見かける子です。

北摂地域では、毎年梅雨の終り頃に幼虫が出始め、

毎月会うたび大きく成長します。

成虫は11月の朝霜が下りる頃まで見ることができます。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224525j:plain 2021年 9月 (兵庫県猪名川町

この子の名前の由来がよくわかります。

脚が真っ黒。(^O^)

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224603j:plain

 2011年 10月 (兵庫県宝塚市

小さな花に寄ってきたのかな。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224555j:plain 2011年 10月 (兵庫県宝塚市) 

自分の体調より長い触角を前に突き出しています。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224545j:plain 2011年 10月 (兵庫県宝塚市

翅の模様がまるでメロンみたい。

本当に美しいです。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224612j:plain

2010年 8月 (兵庫県宝塚市

終齢幼虫。

8月になると大人の一歩手前まで成長します。

それにしても、脚が長い。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224516j:plain

2021年 7月 (大阪府豊能町

まだ翅が生える前の若齢幼虫。

この頃はまだグレーのソックスをはいています。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224624j:plain

2021年 7月 (大阪府豊能町

若齢幼虫。

 

 

f:id:D-JASPER:20210908224536j:plain

2011年 7月 (兵庫県宝塚市

若齢幼虫。

こんなに脚と触角が長ければ、動きにくいと思うのですが・・・。

 

ヤツボシツツハムシ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ヤツボシツツハムシ  【Cryptocephalus peliopterus 

サイズ : 7mm ~ 8mm
分 布 : 本州 ・ 四国 ・ 九州
時 期 : 4月 ~ 8月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

 

 

テントウムシのような小さなヤツボシツツハムシ。

それでも、ツツハムシの中では大きい方の種類になります。

 

 雑木林から郊外の公園や花壇などでも見かけます。

イタドリの葉を食べるので、分布が広いからだと思います。

 また個体差も大きく、黒い斑点の大きさや濃さは様々です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210824214808j:plain

 2021年 8月 (兵庫県川西市

今年の8月は雨が多く、ほとんどフィールドに出れませんでした。

この子は数少ない出会いの1つです。

 

 

f:id:D-JASPER:20210824214820j:plain 2021年 7月 (兵庫県川西市

雨天の合間の僅かな晴れ間に出てきた子。

 

 

f:id:D-JASPER:20210824214739j:plain

 2021年 7月 (兵庫県川西市) 

上の写真と同じ子。

正面からお顔を撮影。

 

 

f:id:D-JASPER:20210824214750j:plain

 2020年 7月 (兵庫県川西市

よく見ると排泄中でした。(汗)失礼しました。

 

 

f:id:D-JASPER:20210824214759j:plain

2020年 7月 (兵庫県川西市

この子も排泄中でした。

この撮影場所には、毎年必ず現れます。

そんなにこの葉が美味しいのでしょうか。(^O^)

ヒグラシ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ヒグラシ   【Tanna japonensis

 

サイズ : 35mm ~ 45mm
分 布 : 北海道 ・ 本州 ・ 四国
時 期 : 6月 ~ 9月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

 

 

カナカナカナ・・・・と、少し寂し気に鳴くヒグラシ。

薄暗い林や夕暮時に鳴くので、いっそう哀愁を感じさせられます。

もっとも、間近で聞くと他のセミ同様、けっこう大きな声ですが。

北摂里山では、7月からお盆あたりまでが全盛期で、

山道を歩いていると、慌てて飛び出してくる子を目にします。

 

そう言えば、私の父親はヒグラシとは言わず、カナカナゼミと言っていました。

幼少期、夏休みの家族旅行を楽しみにしていて、

山間部に行くと、必ずこの子の声を聞いていました。

夕方や早朝に鳴くので、日帰旅行では声を聞くことがほとんど無く、

泊りの旅行に行った時だけ聞ける鳴き声でした。

 

しかし、私が小学生の頃、母が病で外出できなくなり、

数年後、父が急にあちらの世界へ旅立ちました。

それから家族旅行が無くなってしまったので、

幼少期の頃の、両親との思い出の鳴き声です。

(母はだいぶ経ってから元気になり、今は趣味に没頭してます)

 

今年、コロナ禍ではありますが、4才の長男にこの声を

聞かせる機会がありました。

セミクマゼミしか知らないので、どこまで理解できたかはわかりませんが

何となくでも耳に残ってくれればいいなと思っています。

私が両親にしてもらったように。

と同時に、子供が成人する頃までは生きないと、、、と改めて思いました。

ということで、今週から摂生を始めました。

そんなことを感じた令和3年のお盆でした。

 

 

f:id:D-JASPER:20210818224835j:plain

 2021年 8月 (兵庫県宝塚市

翅の付根に赤いダニがいますね。

この日、昼間は全く鳴いてくれませんでした。

 

 

f:id:D-JASPER:20210818224848j:plain

 2021年 8月 (兵庫県宝塚市

上の写真と同じ子。

  

 

f:id:D-JASPER:20210818224911j:plain

 2021年 7月 (兵庫県猪名川町

 この種は、針葉樹にもよくいます。 

陽が傾いてきたころ、元気に鳴き出します。 

 

 

f:id:D-JASPER:20210818224900j:plain

2021年 7月 (兵庫県猪名川町

ミヤマクワガタ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ミヤマクワガタ  【Lucanus maculifemoratus

 

サイズ : ♂ 45m ~ 75mm  雌 30mm ~ 40mm
分 布 : 北海道 ・ 本州 ・ 四国 ・ 九州
時 期 : 6月 ~ 9月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

 

 

樹液レストランの夜の常連客、ミヤマクワガタ

北摂地域ではノコギリクワガタと並び、よく見られるクワガタです。

男の子の頭部は、両端が張り出しているのが特徴です。

ガンダムぽくってなかなかかっこいいですね。

それでも、最近は出会える機会が昔と比べ減ってきたでしょうか。(>_<)

 

見た目は強そうですが、北摂地域では以下の力関係になっているように思います。

(あくまで素人の個人的見解)

 

ミヤマクワガタ < ノコギリクワガタ < カブトムシ  

 

この種は成虫越冬せず、秋を前に寿命が尽きてしまいます。

残り少ない夏を精いっぱい生き抜いてほしいですね。

子供の頃からのヒーローは、今でも変わりはありません。

 

 

f:id:D-JASPER:20210812225153j:plain

 2021年 7月 (兵庫県猪名川町

今年出会った男の子。やっぱりかっこいいです。(^O^)

 

 

f:id:D-JASPER:20210812225137j:plain

2021年 7月 (兵庫県猪名川町

今年出会った女の子。脚の付根裏側が金色に見えるのが特徴です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210812225258j:plain

 2021年 7月 (兵庫県猪名川町

上の写真と同じ子。

樹液レストランの木にいました。

 

 

f:id:D-JASPER:20210812225208j:plain

2011年 7月 (兵庫県猪名川町

女の子も風格があってカッコいいです!

 

 

f:id:D-JASPER:20210812225243j:plain

2010年 7月 (大阪府箕面市

箕面の滝道で出会った子。暑かった。。。。

 

 

f:id:D-JASPER:20210812225227j:plain

2010年 7月 (兵庫県猪名川町

なかよしさん。

薄暮だったのでストロボ撮影しました。。。邪魔してごめんね。

撮影場所は、今年撮影した1枚目の写真と同じ場所。

もしかすると1枚目の写真の子は、この子達の孫の孫の孫・・・かもしれません。