北摂いきものブログ

北摂地域(大阪府北部、兵庫県南東部)を中心に、自然で出会った仲間たちのブログです

オオフタモンウバタマコメツキ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

オオフタモンウバタマコメツキ 【Cryptalaus larvatus

 

サイズ : 25mm ~ 35mm
分 布 : 本州 ・ 四国 ・ 九州 ・ 沖縄県
時 期 : 6月 ~ 9月
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

盛夏から初秋にかけて見られるオオフタモンウバタマコメツキ。

国内のコメツキムシの中でもトップクラスの大きさです。

名前の長さもトップクラスです。

 

漢字で表記すると「大双紋姥玉米搗」。

名前の通り、背中にある大きな黒い紋が、この子の特徴です。

私の友人のお医者さんは、この子の写真を見て、

「腎臓が黒いなぁ・・・」と言ってました。

私にはまったく意味が分からなかったのですが、

人間の場合、腰の左右に腎臓が位置しており、

彼には、黒い模様が場所的に腎臓に見えたようです。

(昔から変わったヤツでした。笑)

 

北摂では、盛夏を過ぎた頃に見かけることが多いと思います。

決して美しい子ではありませんが、存在感がありかっこいい子です。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918234918j:plain

 2021年 9月 (兵庫県宝塚市

倒木の上にいた子。

体色と倒木の色が一緒で、見つけた時はうれしかったです。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918234935j:plain

 2021年 8月 (兵庫県猪名川町

どこからか飛んで来て、目の前の葉にとまりました。

後にも先にも、葉の上にいる子は初めて見ました。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918234951j:plain

2011年 8月(兵庫県猪名川町

針葉樹の伐採木にいた子。

黒紋がくっきりとしており、存在感がありました。

 

 

f:id:D-JASPER:20210918235007j:plain

 2011年 8月 (兵庫県猪名川町

上の写真と同じ子。

真横からお顔を撮ってみました。

よく見ると、ユニークなお顔をしています。